NVIDIAのDSRでゲーム内ジャギー軽減してみた

私はよくパソコンでゲームをしているのですが、

最近どうしても気になってしまうことがあります。

それが何かといいますと、ジャギーです。

気になりだすと本当にゲームに集中できなくなってしまいます…

4Kのモニタはまだ手が出せないので、

どうにか方法はないかと思っていたところ、

まさに求めていた機能を見つけました!

ジャギーとは何か

ジャギーとは、簡単に言えば輪郭に現れるギザギザのことを言います。

例として、ウィッチャー3のスクリーンショットを使用します。

最高画質でreshadeを入れています。

ぱっとみでは何も問題ありません。むしろきれいだなとうっとりするレベルです。

ですが、背負っている剣の一部を拡大すると…

赤丸内の部分がギザギザになっていますね。

これがジャギーです。

ここまで拡大しないと判らないからちょっと気になりすぎじゃね?

って思う方はいると思うのですが、

実際にゲームをプレイしてみると

ジャギーがすごくちらついて、

没入感が損なわれてしまうのです…

そこで、今回はNVIDIAの

DSR(Dynamic Super Resolution)(以下DSR)

を使用してジャギーを軽減してみました。

DSRとは

DSRを使用することによって、

本来対応していないモニターの解像度を超えて

ゲームを出力できるようになります。

DSRを使用していない状態の時では、

解像度の設定がモニタの解像度までしか出ません。

そこで、DSRを使用すると…

4K解像度まで選択できるようになりました!

DSRは以下の方法で設定できます。

DSRの設定方法

デスクトップで右クリックするとメニューが出ます。

そこから[NVIDIAコントロールパネル]を選択します。

左側の3D設定内の3D 設定の管理を選択し、右のウインドウから

DSR-係数を選択します。

右側の設定をクリックすると、

チェックボックスが出てきます。

[(数字)x native resolution]とは、

どの解像度を表示させるか、という意味です。

例えば、[4.00x native resolution]を選択すると、

4K解像度がゲーム内で選択できるようになります。

私はゲームによって細かく切り替えたいので、

[2.00x native resolution]

[3.00x native resolution]

[4.00x native resolution]

にチェックを入れています。

その下にあるDSR-滑らかさは、

初期の33%から動かす必要はありません。

ここは、値が低ければ低いほど、映像がくっきりになり、

高ければ高いほど、映像がぼやぼやになります。

もし設定していなければ、20~40%の間で設定してください。

20%以下にすると、逆にジャギーが増えてしまいます。

40%を超えると、ぼやぼやがだいぶ気になってしまいます。

(あくまでも私の所感です)

以上で、設定は終わりです。

設定できれば、どのゲームでも追加した解像度が選択できるようになります。

DSRの効果

4KDSR-滑らかさ25%で撮影したスクリーンショットです。

明らかにジャギーが減っています。ほかの場所もくっきり映っています!

比較してみるともっと違いが判りますね。

このように、DSRを使用すれば、画質の底上げも可能です!

今ではもう手放せない機能です。

DSRのデメリット

非常にゲームが重たくなります。

私はGTX1080tiを使用していますが、4K解像度にすると

大体のゲームで60fpsを切ってしまいます。

なおかつ、ゲームによってはとても不安定になります。

(フリーズやブルースクリーンになることも…)

基本的にはソロプレイのゲームで使用して、

オンラインでは使用しないようにするのがよいかと思われます。

もし、いいグラフィックカードを持っているのであれば、

実践の価値アリです!

終わり