ルークテリーの今現在や経歴が泣ける…!事故で片腕を失っても野球を諦めない!

ルーク・テリーが起こした奇跡とは?

ルークさんは、

MLBの選手になることを夢として目指していました。

夢を目指してキャッチャーとして活動することで、

ルークさんを知る方が増えていき、

SNSなどでルークさんのことが広まり、

多くの方に知られることとなりました。

そして、その頑張りに心惹かれた、

MLBのあるチームがありました。

それが、オリオールズというチームでした。

ルークさんを少しでも応援したいという思いを胸に、

2017年の大会の始球式に、ルークさんを招待しました。

小さい頃に片腕を失くし、現在捕手として活躍する14歳のルーク・テリー。始球式にて、野球殿堂入りのジム・パーマーからの投球を受けた。たとえ片腕でも、テリーは夢を諦めずに突き進む!http://atmlb.com/2sEfIF1

MLB Japanさんの投稿 2017年6月22日木曜日

CLE@BAL: Luke Terry, Jim Palmer toss first pitch

ルークさん、とても楽しそうですよね!

大物選手と交流することにより、

さらに、ルークくんの夢に向かうパワーが増したと思います!

最後に

今回は、片腕のキャッチャー

ルークテリーさんについて紹介しました。

幼い頃に自動車事故で片腕を失うも、

キャッチャーとして、一切ハンデを感じずに、

ひたすらに前向きに努力し、

ついにはMLBの選手とともに始球式に参加するという

奇跡を起こしました。

これからも多くの試練があると思いますが、

いつか、MLBの選手になって、キャッチャーとして、

野球界を騒がせてほしいですね!

終わり